未来をつくる
教育フォーラム 2017

大盛況のうちに終了いたしました。
3歳から子どもから、教職員や親御さん、一般企業の方まで
約250名にご来場いただきました。
たくさんのご来場誠にありがとうございました。

次回は2018年秋、開催予定!

探る

カンファレンス会場にて、私たち自立学習推進協会が目指すビジョンを共有します。事例やパネルディスカッションなどを通じて「未来を見据えた上でこれから必要とされる教育」と実現するための方法について探ります。

見つける

ワークショップ会場に子どもたちを招き入れ、体感型ワークショップを開催します。2030年には社会に出る子どもたちに、必要な能力を高めるための具体的な教育アプローチのプロトタイプを実演します。是非、子どもたちの様子をご覧ください。

仲間とつながる

今起きている試験的な取り組みに対して、面白い!やってみたい!協力したい!という取り組みや人と繋がり、実践を広げていくためのコミュニティやネットワークを構築するための仕掛けを設計します。

タイムスケジュール

開始時刻 フォーラム会場 ワークショップ会場①(手前) ワークショップ会場②(奥)
11:00
開場
11:40~12:30
探究算数
11:40~12:40
アートクレイ
12:00
フォーラム開始(開会挨拶)
セミナー① 12:45~13:15
協同教育を土台としたアクティブラーニングの授業
藤井英之氏
IT未来づくり12:45~13:30
13:00
セミナー② 13:15~13:45
クリエイティブラーニングとしてのプログラミング学習
村井裕実子氏
13:20~14:05
ソーシャル感情スキル by Elämä
ワークショップ会場中継 13:45~14:30
教科横断型えいご
休憩
14:00
14:05~15:05
第2回子ども白熱会議
14:35~15:20
誕生学
15:00 15:00~15:45
子ども白熱会議プレップ
休憩
15:20~16:30
マルチステークホルダー・パネルディスカッション
15:45~16:30
忍者スポーツ?パルクール
16:00 16:00~17:00
先生向けワークショップ
閉会の挨拶
終了

カンファレンス会場


未来を見据えた上でこれから必要とされる教育を一緒に探る

1. セミナー



  1. 協同教育を土台としたアクティブラーニングの授業
    12:45〜13:15

    発表:和歌山県有田市立宮原小学校 前校長 藤井英之氏

    協同教育は、文部科学省が新学習指導要領で掲げるアクティブ・ラーニングの視点による「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指す学習方法であり、藤井氏が約9年も前から段階的にその取り組みを深めてこられました。
    協同教育の充実を図るためのOJT授業研修も年間50回以上も実施されており、この5年間で飛躍的に進化した取り組みをご講演いただきます。

  2. クリエイティブラーニングとしてのプログラミング学習
    13:15〜13:45

    発表: MITメディアラボ博士研究員 村井裕実子氏

    全世界でプログラミング学習で使われている ビジュアルプログラミングの無料プラットフォーム『Scratch』を開発した、MIT(マサチューセッツェ 科大学)メディアラボで博士研究員をされている村井裕実子さんをお呼びして、プログラミング教育、そしてその真髄である「クリエイティブラーニング」についてお話ししていただきます。

2. 第2回子ども白熱会議
14:05〜15:05



写真:子ども白熱会議の様子写真は、昨年の「第1回子ども白熱会議」の様子。

事前の審査を通過した小学校1~6年生が、社会にある事象をテーマとした議題について、フォーラム当日ステージ上で議論をし、対話を通した問題解決能力の向上をはかるプログラムです。

小学生の子どもたちが社会で活躍し始める2030年には、人工知能やテクノロジーの発達により多くの人々の暮らし方・働き方が変わり、今ある半数以上の職業がなくなり、現代にも増して「人にしか作れない価値、活かせない能力」が問われる時代がやってくると言われています。そんな混沌を極める社会においては、多様な価値観を理解し、正解のない問いに向き合い、互いの考えをよく聴き、それをもとに考えを深め、他者と「共にアイデアを創る」という力が必要になってくると、私たちは考えております。

そこで、自立学習推進協会では、これからの未来を担う子どもたちが、自らの意見を表現するだけでなく、議論を通して「共にアイデアを創る力」を養う学びの機会として「子ども白熱会議」を本年も実施することになりました。事前選考で選ばれた数名が壇上に登り、身近にある社会課題・問いについて、自らが思うことを自分の言葉で表現し、他者の意見を聴きながら、そこにいるメンバーでその課題についてどう向き合うのか、そしてどんな「未来をつくる」ためのアクションを取るのかについて話し合います。

ビデオ審査の結果、
「第2回子ども白熱会議」の子どもパネリストが決定しました!

カンファレンス会場には6名、プレップには5名が登壇します。
子どもたちの自由な考えや意見に耳を傾けてみてください!

3. マルチステークホルダー・パネルディスカッション
15:20〜16:30



写真:パネルディスカッションの様子

教育に携わる各方面のゲストをお招きし、新しい教育の形の必要性と、求められる人物像を多方向から議論します。

教育の実際のサービス享受者である高校生を加えることで、教育サービスの「顧客」の意見を議論に取り入れ、「2030年の社会を生き抜く子どもたちにどんな能力が必要になってくるのか」「それに伴い、日本の教育はどのように変化するのか」というテーマについて、より実質的なディスカッションを目指します。

ゲスト

  • 【公教育・学校】和歌山県有田市立宮原小学校 前校長 藤井英之氏
  • 【私教育・学習塾】株式会社躍進館 代表取締役 稲場一浩氏
  • 【フィンランド】生き方・キャリアデザイナー ミッラ・クンプライネン氏
  • 現役高校生2名

モデレーター

  • 岐阜聖徳学園大学 教授 玉置 崇氏

ワークショップ会場


未来をつくる教育を実現するためのアプローチを見つける



ワークショップ プログラム



ワークショップ会場では、合計8つの異なるワークショップが設けられ、角度の異なる学びのアプローチを子どもたちに実際に体験していただきます。

今を生きる子どもたちが社会に出る2030年代の社会を想定し、これからの時代に必要な能力を育む教育アプローチを考える場です。

学校、学習塾、学童施設などの教育現場で、これから取り入れられる学習アプローチをご覧ください。

探究算数

お菓子を食べて、たし算、ひき算、かけ算、わり算をマスター!?

私たちの身の回りの「数」にまつわる疑問や課題を、多学年の小学生が、互いの考えを出し合いながら、楽しく学んでいきます。
今回は、お菓子にまつわるミッションについて、解決のための道筋をみんなで描き、知っている算数の知識を応用しながら、解決方法を実行することを通して、たし算、ひき算、かけ算、わり算などなど算数の基礎となる概念をマスターします!


  • 参加対象:小学1年生~3年生
  • 開催時間:11:40~12:30
  • 会場:ワークショップ会場①

講師:下向 依梨(しもむかい えり)
ラーニング・クリエイター
ペンシルベニア大学教育大学院にて、学習科学・発達心理学の修士号を取得。
帰国し、都内の小学校で教鞭をとる。現在、小学生向け、シニア向けに、身近なものから学ぶ楽しさを感じながら、非認知能力を高める学習教材づくり、仕組みづくりを手がける。

アートクレイ

実験!粘土を純銀に変えてみよう!!

粘土を純銀に変えられる「アートクレイシルバー」でアクセサリー制作を楽しみながら、都市鉱山の事や、なぜ柔らかい粘土が硬い金属になるのか、銀がどういった性質を持った素材なのかなど、化学的な分野についても学ぶワークショップです。このアートクレイシルバーの原料となるのは、貴金属である銀をリサイクルしたもの。制作を楽しみながら、環境への配慮をどのように行っていくかを考えたり、銀がどういった性質を持った素材なのかなど、教科横断的な学びを進めていきます。


  • 参加対象:小学1年生~6年生
  • 開催時間:11:40~12:40
  • 会場:ワークショップ会場②

講師:吉原 秀和(よしはら ひでかず)
1972年広島生まれ。多摩美術大学油画コース卒業。
銀粘土関連の著書も多数。
子供から大人まで手軽に本格的な銀細工が楽しめる銀粘土の普及に務める。
現在、東京都府中市にあるアートクレイ工房本部府中教室のマネージャー。

IT未来づくり

ITのプロとITで遊ぼう!

いまの子どもたちが大人になる頃=AIが浸透した未来の時代には、自分で未来を創っていく力が今以上に求められます。
このプログラムでは、ドローンや最新のITシステムなど、新しい未来を創ろうと「いま」チャレンジしている人たちの作ったプロダクトに、実際に子どもたちに触れてもらい、遊んでもらうことで、自分たちが欲しい未来の技術をつくることを学びます。


  • 参加対象:小学1年生〜6年生
  • 開催時間:12:45~13:30
  • 会場:ワークショップ会場①

講師:神谷 渉三(かみや しょうぞう)
大手IT企業のマネージャーとして、ITを使った新しい体験創出や人財育成に取り組む。
三男(末っ子)で父・母・兄は教師。
社会に生きるいろんな大人たちと、子どもたちが交流する日常を創るサービスNei-Kidを立ち上げ中。

ソーシャル感情スキル by Elämä

「鳥の目」 でじぶんと友達を観察してみよう!

フィンランドでの教育の実践とSocial Emotional Learningのアプローチに基づき、パペットショー(人形劇)と瞑想を用いた、自己認識能力・社会スキルを育むプログラムです。
「なんでこの人はこんな行動をとったのだろう?」 「この登場人物はどんな気持ち?」などの問いかけから、客観的に人の気持ちと物事の関係性を「鳥の目」を持って見ることを学びます。


  • 参加対象:小学1年生~6年生
  • 開催時間:13:20~14:05
  • 会場:ワークショップ会場②

講師:Milla Kumpulainen(ミッラ・クンプライネン)
フィンランド出身の生き方・キャリアデザイナー。
『Elamaプロジェクト』を通してフィンランドの教育理念と日本の社会変革メソッドを融合した教員向けプログラム実施などで活動中。
教育や生き方、ワークライフバランスなどのテーマでウェブの執筆やイベント企画などを行う。

教科横断型えいご

描いて、動いて、数えて、英語を使いこなそう!

絵を描いたり、ダンスをしたり、ひとりひとり好きなことが違うように得意なことも違います。
教科横断型えいごでは、英語の基本である「話す」 「聞く」「読む」 「書く」 だけではなく、一人一人にあった自分らしい表現をすることで、子どもたちの新しい一面を見出すことができるプログラム内容です。
マルチプル インテリジェンス理論をベースとした、人が本来持ってる多様な才能を伸ばしながら英語を学ぶアプローチを用いて、「Let's 〜」という命令法を学んでいきます。


  • 参加対象:小学3年生~6年生(英語学習を始めて半年~2年程度のお子様に合った内容です)
  • 開催時間:13:45~14:30
  • 会場:ワークショップ会場①

講師:浅原 由奈(あさはら ゆきな)
文教大学4年生。文部科学省の「トビタテ!留学ジャパン」に採用され、フィンランドの小中一貫校にて6ヶ月間教育実習インターンを実施。「違いを認め合うことができる学校環境づくり」を日本で実現すべく、現地にて「テーマ型教科横断授業」を提案・実践。帰国後、「Beyond School」の運営本部として、「留学」「キャリア」「探究」の3テーマにおけるワークショップを全国の高校で展開している。

誕生学

みんなのいのちの始まりを学ぼう!

5歳までに80%の子どもたちが聞いてくる「赤ちゃんはどこからくるの?」という素朴な質問。この誰もが経験している“誕生”の正しい知識を、ロマンチックに、優しく、イメージしやすい絵画的言語でお伝えします。誕生学を通して、自分の誕生のすばらしさ、いのちってスゴイ!を実感、体感いただけます。


  • 参加対象:小学1年生~6年生
  • 開催時間:14:35~15:20
  • 会場:ワークショップ会場②

講師:梶川 満理子(かじかわ まりこ)
誕生学アドバイザー
2013年に誕生学アドバイザーを取得し、大阪を中心に活動中。小学校や中学校の子どもたちに、ゲストティ-チャ-として”いのちの授業”を届けている。

子ども白熱会議 プレップ

未来の教育について会議しよう!

事前審査を通過した小学生が、社会の課題をテーマにして話し合うことで、「問う」「考える」「伝える」力を向上させるプログラムです。子どもたちがくり広げる白熱した議論を見たり聞いたりすることは、日頃受けることのできない新たな刺激になります。ぜひご覧ください!

※このワ-クショップは観覧のみとなります。


  • 開催時間:15:00~15:45
  • 会場:ワークショップ会場①

講師:林下 貴哉(はやしした たかや)
一般社団法人 自立学習推進協会 理事
株式会社日本コスモトピアで自立学習の教材制作にリ-ダ-として携わる。昨年度から開催されている、『子ども白熱会議』の審査、運営を行っている。

忍者スポーツ?パルクール

跳び箱の無限の可能性を体験しよう!

跳び箱の跳び方一つでも無限にあり、その組み合わせは無限大。
跳び箱は開脚跳びで飛ぶものという概念を壊し、跳び箱が出来ない子でも工夫次第で飛び越えることができることを「パルクール」を利用して解決し、想像力や適応力を体を動かしながら心身ともに鍛えるワークショップです。できる/できない、勝ち/負けではなく、いかに自分の目標を達成し、自分の可能性を伸ばせたかが学びになるので、運動が苦手と感じているお子さんも大歓迎です。


  • 参加対象:小学1年生~6年生
  • 開催時間:15:45~16:30
  • 会場:ワークショップ会場②

講師:木本 登史(きもと たかふみ)
パルクールアスリート
パルクールアスリートとしてCM出演や取材を受けるなど、メディアでの活動もしながらパルクールコーチとしての面も持つ。パルクールが体育教育に含まれているデンマークにあるパルクール学科で学んだ経験を活かし、パルクールの環境づくりを目標に活動中。

ワークショップに申し込む

  • ワークショップの参加者は、小学生が対象です。
  • 未就学児、及び中学生以上の方は、ワークショップの見学のみ可能です。
  • ワークショップ参加は事前予約制・先着順です。

<ワークショップ見学について>

  • 見学の方は、マットの外で立ち見で見学
  •        
  • ワークショップ見学の申し込み不要
  •        
  • ワークショップ終了後、講師へ質問やネットワーキングが できる時間がある
  •           

    ※ワークショップは45分〜60分開催されますが、全て見る必要はありません。      
    ※ワークショップ会場の見学スペースが大変狭くなっていますので、
    他の見学の方々と譲り合ってご見学ください。



エンターテイメントでこれからの教育を考える懇親会


フォーラムで受けた刺激をもとに、参加者や主催者と交流し、仲間とつながる


エンターテイメントでこれからの教育を考える懇親会


本懇親会は、フォーラムで受けた刺激をもとに、懇親会で参加者同士や主催者と繋がり、これからの教育について考え、熱く語り合う場です。フォーラムから場所を移し、エンターテイメントや芸術からも刺激を受けながら、これからの教育を共に考える仲間とつながります。

※本懇親会は、株式会社日本コスモトピア創立35周年記念パーティーと併催です。



懇親会プログラム





比嘉康二氏

沖縄泡盛会員制BAR
「泡盛倉庫」店主

泡盛のお話とパフォーマンス

紹介のみの会員制泡盛BAR「泡盛倉庫」店主の比嘉康二氏を沖縄からお招きし、泡盛や沖縄の文化を通じて五感を使った新しい学びのアプローチをご紹介します。
パフォーマンスでは、比嘉氏がいつも店内で行う接客を披露し、泡盛のストーリーや作り手の思いを伝える姿は必見です。


井上智恵氏

株式会社ワイズ・スポーツ&エンターテイメント エンターテイメント・プロデューサー
元劇団四季俳優

元劇団四季所属の女優 井上智恵氏によるステージ

「オペラ座の怪人」クリスティーヌ役など、劇団四季で数々のヒロインを務めた井上智恵氏によるライブステージです。井上氏は現在、身体運動メソッドに歌やダンスはもちろん、発声や感情表現力を高めるメソッドなども融合し、まさにシニアには「心身ともに健康」、子どもたちには「健やかな成長」を手助けするコンテンツ作りを行っています。



「エンターテイメントでこれからの教育を考える懇親会」

日時
2017年10月15日(日)17:30~19:30
(「未来をつくる教育フォーラム2017」終了後)
会場
東京ドームホテル 地下1階 シンシア
主催
株式会社日本コスモトピア、一般社団法人自立学習推進協会
併催
株式会社日本コスモトピア創立35周年記念パーティー
参加料金
10,000円(フォーラム参加者は割引あり)

開催に寄せて



下向 峰子
一般社団法人自立学習推進協会 代表理事
株式会社日本コスモトピア 代表取締役社長

一般社団法人自立学習推進協会(ASMoL)は、今日叫ばれている日本における子どもの教育環境の格差を乗り越え、「自立学習」という主体的な学びのコンセプトを根幹に、可能性のある子どもたちがグローバル社会で活躍できるよう支援する非営利法人です。

学習塾や学校、その他学びの場に向けて、プレゼンテーション能力を鍛える発信力養成プログラムの提案や、子ども白熱会議の開催、また海外や国内の地域との交流などの多様性受容養成プログラムなどの提供を行っています。

私たちの活動の背景には、「自立学習の実現を通して、未来を担うすべての人が『幸せで豊かな生き方』を自らデザインしていくこと」を支援するということがあります。
これは、「自立学習」を実現・推進するためのアプローチとしてICT教材の開発、またそれらを活用する学びのファシリテーターである指導者・教育者(主に学習塾・学校の先生方)へのサポートを30年以上続けている日本コスモトピアの活動と実績に裏付けられるものです。

2020年には大きな教育指導要領の改訂を迎え、プログラミングや小学英語の導入などがあり、また人工知能や情報化のさらなる発展など、教育現場は慌ただしく大きな変化や変革を求められています。
そんなときだからこそ、今の子どもたちが社会で活躍する2030年には「どんな社会がやってくるのか」を見据えた上で、「子どもたちにはどんな能力が必要になってくるのか」を共有し、これからの教育アプローチを学び、考えるフォーラムを開催することにいたしました。

この「未来をつくる教育フォーラム2017」が、学校の先生方、学習塾の先生方、ご家庭の保護者の方々、あらゆる企業の方々、そして地域のすべての方々が、未来の教育を見つめ、描くために一緒に考え、一緒に学べる機会となることを願ってやみません。

開催概要



日時: 2017年10月15日(日)11:30 ~ 16:30(カンファレンス会場は12:30開始)
※入退場自由
会場: 御茶ノ水 ソラシティ カンファレンスセンター Sola City Hall West(東京都千代田区神田駿河台4丁目6)
※会場までのアクセスマップ
主催: 一般社団法人自立学習推進協会
共催: 株式会社日本コスモトピア
協賛: 相田化学工業株式会社
企画・運営: 株式会社Live Innovation
来場者: 教育関係者及び子育てに携わる方、教育に興味のある一般の方
ワークショップ参加対象年齢: 小学1年生~6年生
参加料金:

一般参加・2000円、親子参加・2000円(保護者1名あたり小学生以下のお子さま2名まで)、懇親会・10,000円(飲み物、お食事付)

※フォーラム参加者は割引あり。詳細は申し込み時のフォームでご確認ください。

参加申し込み



事前お申込は終了いたしました。
ご参加予定の方は、直接会場にお越しいただき、
当日受付を承ります。

※非常に多くの方にお申込みいただいているため、一般参加枠のみ開催中盤以降、当日受付の制限がかかる可能性がございます。
なお、親子参加枠、優待枠はその限りにはありません。

報道関係者の方へ



報道関係の資料を公開します。ご自由にお使いください。ボタンをクリックするとダウンロードされます。
取材のお申し込みは、メール下記のお問い合わせフォーム
またはお電話(03-4405-6769)までお願いいたします。

お問い合わせフォーム





© 2015- Association of Self-Motivated Learning. All rights reserved